1. ホーム>
  2. 真壁の古い町並み>
  3. 真壁と重伝建

真壁の古い町並み

真壁と重伝建

『郵便局』の画像

重伝建とは、歴史的な景観を形成している地区を伝統的な建造物単体だけではなく、町並みを構成する堀・石垣などの工作物や、樹木・池などの工作物や、樹木・池などの環境要素も含めて、一体的に保存する価値が高いと市町村が決定した「伝統的建造物群保存地区」の中で、特に価値が高いとして国が選定した「重要伝統的建造物群保存地区」の一般的な略称です。真壁の町並みは平成22年に重伝建に選定されました。

真壁地区は近世以来の地割りがよく残り、保存地区を中心に99棟の登録文化財が存在します。幕末から明治期の重厚な見世蔵や土蔵、大正から昭和初期の町家や洋風建築(写真の郵便局)が残っています。商家町ながら薬医門も多く、多様性のある町並み景観を特徴としています。

区域やそれぞれの建物については添付資料の「桜川市真壁伝統的建造物群保存地区」を参照してください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは桜川市観光協会です。

桜川市役所商工観光課内 〒300-4495 桜川市真壁町飯塚911番地

電話番号:0296-55-1159(直通) ファックス番号:0296-54-0417

問い合わせフォームはこちら

アンケート

桜川市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る